放射線量測定方法及び測定装置

開放特許情報番号
L2016001290
開放特許情報登録日
2016/8/4
最新更新日
2016/8/4

基本情報

出願番号 特願2014-129848
出願日 2014/6/25
出願人 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
公開番号 特開2016-008893
公開日 2016/1/18
発明の名称 放射線量測定方法及び測定装置
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 放射線量測定方法及び測定装置
目的 高放射線量場において実用し得る放射線量測定方法及び装置を実現する。
効果 シンチレーター発光機構部における感応部材として使用したルビーにより放射線量に応じて発生するシンチレーター光と高放射線量に曝されることにより発生して光ファイバーに混入するチェレンコフ光は波長帯が異なることから、光学フィルターによりシンチレーター光と区別して遮断することにより放射線量測定精度の低下を防止することができ、高放射線量に応じて発生するシンチレーター光に対しても応動し得る信号処理を実現することができる。
技術概要
放射線感応部1のシンチレーター発光機構部1aは、ルビーを使用して放射線量測定対象物から放出される放射線に感応して放射線量に応じてシンチレーター光1bを発生するように構成し、この発光をフッ素ドープ石英コア3aを使用して構成した光ファイバー3によって放射線量測定対象物から離れて位置する信号処理部2に伝送するように構成し、この信号処理部において、光学フィルター2aを介在させてシンチレーター光以外の波長の光を遮断し、前記光学フィルターを通過した光を光電変換回路2bによって光電変換して放射線量に対応する電力量の電気信号を得るように構成する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT