ドメインスワップ二量体人工タンパク質

開放特許情報番号
L2016001286
開放特許情報登録日
2016/8/4
最新更新日
2017/2/27

基本情報

出願番号 特願2016-101203
出願日 2016/5/20
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2016-216460
公開日 2016/12/22
発明の名称 ドメインスワップ二量体人工タンパク質
技術分野 有機材料、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 ドメインスワップ二量体人工タンパク質
目的 ドメインスワップ二量体タンパク質WA20の構造安定性を向上させ、ナノ構造複合体を構築するタンパク質ナノブロックとして好適に利用することができる人工タンパク質を提供する。
効果 本発明に係るドメインスワップ二量体人工タンパク質は、従来のドメインスワップ二量体人工タンパク質と比較してはるかに構造が安定であり、ナノ構造複合体を構成するタンパク質ナノブロック等として有効に利用することができる。
技術概要
本発明に係るドメインスワップ二量体人工タンパク質は、二本のヘリックスがループにより連結されたヌンチャク型構造を備えるタンパク質の単量体が、2分子間で双方のヘリックスが互いに挟み込まれてバンドル状に組み合わされてフォールディングし、前記バンドル状に組み合わされた内側領域に位置するアミノ酸が疎水性アミノ酸から成る疎水性コアを有することを特徴とし、これによりWA20と比較して構造安定性が向上したドメインスワップ二量体人工タンパク質として得られる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡についての可・不可はその時の状況によります。

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT