セルロース系バイオマス分解酵素の製造方法

開放特許情報番号
L2016001284
開放特許情報登録日
2016/8/4
最新更新日
2018/1/26

基本情報

出願番号 特願2016-094291
出願日 2016/5/10
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2017-201902
公開日 2017/11/16
発明の名称 セルロース系バイオマス分解酵素の製造方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 セルロース系バイオマス分解酵素の製造方法
目的 セルロース存在下において培養し、セルラーゼおよびヘミセラーゼを高発現するため形質転換された糸状菌を提供する。また前記糸状菌を形質転換するための組換えベクターを提供する。また前記組換えベクターを構築する遺伝子構築物を提供する。
効果 本発明によれば、セルラーゼ生産菌において、セルロース存在下でセルラーゼ以外のタンパク質、例えばヘミセルラーゼを生産させることが可能になる。またその際、同時にセルラーゼの生産量を増加させることができる。
技術概要
ヘミセルラーゼ遺伝子と発現可能に連結した、トリコデルマ・リーゼイのCel3Bプロモーターを含む、遺伝子構築物を提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡についての可・不可はその時の状況によります。

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT