伸縮性導電膜の製造方法

開放特許情報番号
L2016001283
開放特許情報登録日
2016/8/4
最新更新日
2018/2/27

基本情報

出願番号 特願2016-118697
出願日 2016/6/15
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2017-224477
公開日 2017/12/21
発明の名称 伸縮性導電膜の製造方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 伸縮性導電膜の製造方法
目的 伸張率が100%を超えるようなきわめて大きな伸長度の場合であっても導電性が大きく変動しない伸縮性導電膜を容易に提供する。
効果 本発明に係る伸縮性導電膜の製造方法によれば、伸縮性導電膜を100%以上に伸縮させた場合でも、導電膜の導電性が大きく変動することがない伸縮性導電膜を容易に製造することができる。
技術概要
伸縮性を有するベースフィルムの表面にカーボンナノチューブからなる導電膜が形成された伸縮性導電膜の製造方法であって、
転写板にカーボンナノチューブの分散剤を塗布する工程と、
前記分散剤を塗布した後、前記転写板にカーボンナノチューブの分散液を塗布する工程と、
前記転写板からカーボンナノチューブの薄膜をベースフィルムに転写する転写工程と、
を備えることを特徴とする伸縮性導電膜の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡についての可・不可はその時の状況によります。

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT