人工心臓における光通信システム

開放特許情報番号
L2016001281
開放特許情報登録日
2016/8/5
最新更新日
2016/8/5

基本情報

出願番号 特願2005-158590
出願日 2005/5/31
出願人 株式会社ムトウ、学校法人東海大学
公開番号 特開2006-339715
公開日 2006/12/14
登録番号 特許第4617204号
特許権者 株式会社ムトウ、学校法人東海大学
発明の名称 光通信システム
技術分野 電気・電子、情報・通信、その他
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 人工心臓
目的 体内埋込型人工臓器の経皮的モニタリングや、互いに離開する種々の機器間において信号を伝送する光通信システムに関するものである
効果 低消費電力で稼動でき小型かつ長い通信距離が得られ、発光側と受光側の位置ズレにも強く常に高い通信品質を保持できる新規な光通信システムを実現する。
技術概要
人工心臓からの信号電圧を近赤外LEDの発光可能最小パルス幅に調整して極小時間内で皮膚の厚みに対応した強発光によって送信し、受信側はフォトダイオードによって電圧へ変換し元の信号を復元する。この受信側フォトダイオードは送信側近赤外LEDの光軸に対して同心円上に配置される。
イメージ図
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 専用実施権、独占的通常実施権、通常実施権

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 電磁波を用いる方法では駆動モータ等からのノイズの影響の問題があったがそれらを改善できる
改善効果2 従来光を用いた通信方法はあったが経皮的に情報を伝達するために多数の素子を必要とし、消費電力を大きくしてしまう問題を改善できる
アピール内容 他の人工心臓関連の特許2件も提供可能です

登録者情報

登録者名称 株式会社ムトウ

事業化情報

事業化条件
特別資格 【要】第一種医療機器製造販売業許可

その他の情報

その他の提供特許
登録番号1 3862999
登録番号2 4744817
関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT