意思解読装置、意思解読方法、意思伝達支援装置、意思伝達支援システム及びプログラム

開放特許情報番号
L2016001267
開放特許情報登録日
2016/8/3
最新更新日
2019/8/28

基本情報

出願番号 特願2018-511979
出願日 2017/4/6
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 WO2017/179486
公開日 2017/10/19
発明の名称 意思解読装置及び意思伝達支援装置
技術分野 情報・通信、食品・バイオ
機能 機械・部品の製造
適用製品 意思解読装置、意思解読方法、意思伝達支援装置、意思伝達支援システム、及びプログラム
目的 事前の準備工程を必要としないで迅速で、かつ正確に、脳波を解析して意思決定を解読する解読装置、解読方法、解読システム、プログラム、並びに脳内意思決定解読結果を用いた意思伝達支援装置、意思伝達支援方法、意思伝達支援システム及びプログラムを提供する。
効果 脳内意思決定解読のための事前の準備を必要としないで、脳波を解析することが可能になる。本発明により、脳内で意思決定される内容を、迅速にかつ高精度で解読できる。また、本発明の意思決定解読による解読結果を種々の手段により提示することにより、介助者等の第三者に意思伝達をすることが可能となる。
技術概要
脳波を解析して意思を解読する意思解読装置であって、
複数の刺激事象に対応する事象関連電位の脳波データについて、前記複数の刺激事象のうちの任意の1刺激事象とその他の刺激事象とをクラス分けして分散を調べる処理を、全ての刺激事象に対して行い、前記分散が最も大きくなるクラス分けを特定して該クラス分けにおける前記1刺激事象を前記意思と特定することを特徴とする意思解読装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT