ケーブル識別表示器

開放特許情報番号
L2016001252
開放特許情報登録日
2016/7/28
最新更新日
2016/7/28

基本情報

出願番号 特願2012-126514
出願日 2012/5/15
出願人 テクサジャパン株式会社
公開番号 特開2013-240255
公開日 2013/11/28
登録番号 特許第5542171号
特許権者 テクサジャパン株式会社
発明の名称 ケーブル識別表示器
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 検査・検出、制御・ソフトウェア
適用製品 無線 ケーブルテレビ 放送局等で使用される同軸ケーブル
目的 工事での新設・切替時の接続間違いを防止する。
効果 複数本ある同軸ケーブルの両端において、それぞれの端部が同一の同軸ケーブルであるかを容易にかつ正確に導通確認と識別ができる。
技術概要
 
親機-同軸ケーブル-子機で回路構成し、親機で指定した高周波に応じた表示(識別)を子機が行う。子機は高周波を電源に利用するため不要であり、親機で決められたLED色、セグメントによる数字を子機は表示する。同時に複数の同軸ケーブルの識別が可能。
実施実績 【有】  自社の施工現場で使用
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 通常実施権による許諾契約締結
対価条件(一時金) 【不要】 

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 測定器が不要となる
改善効果2 技術的知識が不要となる
改善効果3 作業効率と確実性が向上する
アピール内容 工事施工の立場から、「このようなものがあればいいのに」という発想から開発しました。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
試作品評価 【可】
設備売却の意思 【無】
Copyright © 2017 INPIT