皮膚外用剤に含まれる防腐剤の皮膚接触量低減材および低減化方法

開放特許情報番号
L2016001239
開放特許情報登録日
2016/7/20
最新更新日
2016/7/20

基本情報

出願番号 特願2011-080097
出願日 2011/3/31
出願人 株式会社ナリス化粧品
公開番号 特開2012-214395
公開日 2012/11/8
登録番号 特許第5825815号
特許権者 株式会社ナリス化粧品
発明の名称 皮膚外用剤に含まれる防腐剤の皮膚接触量低減材および低減化方法
技術分野 繊維・紙、化学・薬品、生活・文化
機能 表面処理、洗浄・除去、その他
適用製品 コットン、ファイスマスク
目的 化粧料等に含まれるパラベン等の防腐剤を使用時に除去できるコットン等の素材を提供する。
効果 本来、防腐剤は化粧料等に防腐効果を持たせ、二次汚染等を防止するために不可欠であるが、一方で敏感肌の人にとっては、刺激の原因となる。
化粧料等の防腐効果は維持したまま、使用時にコットンなどで防腐剤を除去することで、敏感肌の方でも使用出来るようになった。
技術概要
 
防腐剤を低減する低減材にエチレンー酢酸ビニルコポリマーを2〜30重量%含有させることで、上記効果を実現した。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT