肺癌の検査方法

開放特許情報番号
L2016001237
開放特許情報登録日
2016/7/14
最新更新日
2016/7/14

基本情報

出願番号 特願2014-055322
出願日 2014/3/18
出願人 愛知県
公開番号 特開2015-177745
公開日 2015/10/8
発明の名称 肺癌の検査方法
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 肺癌の検査方法と7種の遺伝子のDNAメチル化の測定をICONプローブを用いて行う方法
目的 DNAメチル化測定に基づいた肺癌の検査方法を提供する。
効果 肺癌、とりわけ肺腺癌の検出を特定の7種の遺伝子のDNAメチル化異常を検出又は測定することによって可能となった。この7種の遺伝子のうち4種の遺伝子は肺癌のDNAメチル化マーカーとして知られていたが、他の3種の遺伝子をDNAメチル化マーカーとして組み合わせることによって、肺癌の検出精度を向上させることができるという格別の作用効果を提供する。また、上記7種の遺伝子をDNAメチル化マーカーとしてDNAのメチル化異常を検出又は測定するためのICONプローブを使用する方法は早期癌の検出を可能にする。
技術概要
被験者の生物学的サンプルからDNAを回収すること、該DNAについてGFRA1、KCNJ3及びOSAPの3つの遺伝子のうち1つ以上の遺伝子のメチル化を測定し、メチル化陽性であるとき肺癌であると評価することを含む、肺癌のインビトロ検査方法、並びに、ICONプローブを用いたDNAメチル化測定方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 愛知県

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT