釘絞り冶具を有する釘打ち機

開放特許情報番号
L2016001233
開放特許情報登録日
2016/7/13
最新更新日
2016/7/13

基本情報

出願番号 実願2015-006301
出願日 2015/12/14
出願人 小川 きく代
登録番号 実用第3202833号
特許権者 小川 きく代
発明の名称 釘絞り冶具を有する釘打ち機
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 釘を打つこと及び釘を引き戻し絞るなどの作業をスムーズにする道具
目的 工事現場で作業に毎に道具を持ちかえることなく、一つの道具で道具を持ちかえることなく作業できる釘絞り治具を有する釘打ち機を提供する。
効果 型枠工事現場において型枠作りの釘打ち作業工程、枠体(F)の釘(N)を引き戻す絞り作業工程などを本考案の釘絞り機を有する釘打ち機(A)を使用する事により2つの作業を1個の道具で連続して行うことで作業時間を短縮させ、労力軽減に役立ち、大変な作業を楽にできる優れものである。また、釘絞りに必要な枠体と釘打ち機先端の距離(L1)もスペーサー(S)で測れスペーサー(S)取り外すことなく釘打ち、釘絞り作業ができる、スペーサーを取り外さなくて済むのでなくすことなく作業ができ、かつ労力軽減も可能な優れもので産業上の利用価値が大きい。
技術概要
現存の電動の釘打ち機1に台座4の表面部4aにL型形状の釘絞り部3を備えた釘絞り冶具2を台座4に設けてある取り付けネジ挟持部に釘打ち機1に添えつけの釘絞り冶具取り付けネジ1aを用いて釘打ち機1に取り付けることにより1個の道具釘絞り冶具を有する釘打ち機Aとなる。釘絞り冶具を有する釘打ち機Aは釘打ち作業、釘絞作り作業などの作業を1個の道具で使用、活用することが出来ることを特徴とする大工道具である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 小川 きく代

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT