電子機能部材、電子部品及びウェアラブルデバイス

開放特許情報番号
L2016001231
開放特許情報登録日
2016/7/11
最新更新日
2016/7/11

基本情報

出願番号 特願2014-254072
出願日 2014/12/16
出願人 国立研究開発法人科学技術振興機構
公開番号 特開2016-112246
公開日 2016/6/23
発明の名称 電子機能部材、電子部品及びウェアラブルデバイス
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出、機械・部品の製造
適用製品 電子機能部材、電子部品及びウェアラブルデバイス
目的 高い表面追従性を有し、長期間安定的に使用可能な電子機能部材、電子部品およびウェアラブルデバイスを提供する。
効果 柔らかく変形等に強く、かつガスや水分や光の透過性を有する電子部品を実現することができる。
表面追従性及び伸張性に優れ、より装着感の無いウェアラブルデバイスを実現することができる。またガス及び水分の透過性が高いため、汗等の水分による測定のずれや、接触面が剥離するという問題等を抑制し、長期間に渡って安定的な計測を可能とする。また透明性があるため、電子機能部を透過して接触面の観察や光照射が可能となる。
技術概要
開口部を有する基材と、前記開口部の周囲の基材を外枠とし、前記開口部に懸架された繊維状の樹脂組成物からなる繊維網と、前記繊維網の内、開口部に位置する部分の一方の面側を被覆すると共に、基材上にも延在するパターニングされた導電被覆部とを備える電子機能部材。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

登録者名称 国立研究開発法人科学技術振興機構

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT