金属酸化物ナノワイヤーの製造方法

開放特許情報番号
L2016001214
開放特許情報登録日
2016/7/7
最新更新日
2016/7/7

基本情報

出願番号 特願2015-101576
出願日 2015/5/19
出願人 国立大学法人東北大学
公開番号 特開2016-006003
公開日 2016/1/14
発明の名称 金属酸化物ナノワイヤーの製造方法およびナノワイヤー
技術分野 化学・薬品、無機材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 金属酸化物ナノワイヤーの製造方法
目的 穏和な条件で実施でき、高い比表面積を有する金属酸化物ナノワイヤーを製造可能な新規製造方法を提供する。
効果 穏和な条件で実施でき、高い比表面積を有する金属酸化物ナノワイヤーが得られる製造方法を提供することを目的とする。また、従来の酸化物ナノワイヤーでは達成できない高い比表面積を有し、耐熱性に優れた金属酸化物ナノワイヤーを提供することができる。
技術概要
少なくとも1種の金属元素(M)と、少なくとも1種の両性金属元素(A)とを含み、任意でドーピング剤としての非金属元素(D)を含む合金を、アルカリ処理する工程を有することを特徴とする金属酸化物ナノワイヤーの製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT