トリアゾール連結型人工核酸

開放特許情報番号
L2016001203
開放特許情報登録日
2016/7/7
最新更新日
2017/6/26

基本情報

出願番号 特願2016-507438
出願日 2015/2/25
出願人 国立大学法人東北大学
公開番号 WO2015/137121
公開日 2015/9/17
発明の名称 アジド基を有するリボヌクレオシド類縁体及びその製造方法、並びに該類縁体から形成されるトリアゾール連結型オリゴリボヌクレオチドを含むキメラ型オリゴリボヌクレオチド類縁体
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 アジド基を有するリボヌクレオシド類縁体及びその製造方法、並びに該類縁体から形成されるトリアゾール連結型オリゴリボヌクレオチドを含むキメラ型オリゴリボヌクレオチド類縁体
目的 5-位がヒドロキシル基である非天然ヌクレオシド類縁体を製造する手段を提供する。
効果 キメラ型オリゴリボヌクレオチド類縁体を用いて、遺伝子の発現を抑制することができる。
生体内における高い安定性、標的細胞内に移行するための高い細胞膜透過性、及び/又は相補鎖に対する高い結合力を有する非天然ヌクレオチドを提供することが可能となる。
技術概要
式(Ic):
[式中、
Xは、それぞれ独立して、プリン塩基及びピリミジン塩基から選択され;
PG↑2及びPG↑5は、それぞれ独立して、水素又は保護基である]
で表される化合物の製造方法であって、
D-キシロースを出発原料として、D-キシロースの3α-ヒドロキシルを3β-アジド化し、且つ1-位にプリン塩基又はピリミジン塩基を結合させることを含む、前記方法。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT