金属ナノ・マイクロ突起黒体及びその製造方法

開放特許情報番号
L2016001202
開放特許情報登録日
2016/7/7
最新更新日
2017/6/26

基本情報

出願番号 特願2012-168117
出願日 2012/7/30
出願人 国立大学法人東北大学
公開番号 特開2014-026197
公開日 2014/2/6
発明の名称 金属ナノ・マイクロ突起黒体の製造方法
技術分野 情報・通信、金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 金属ナノ・マイクロ突起黒体及びその製造方法
目的 広い波長領域にわたって光を吸収可能で、かつ光の吸収方位を選択的に調整することができる金属ナノ・マイクロ突起黒体及びその製造方法を提供する。
効果 基板の表面に亜鉛を主体とする多数のナノ・マイクロ突起が密集して形成されているので、この密集した構造が光を補足して逃がさず高い光吸収性を発揮することができる。亜鉛基板の表面にナノ・マイクロ突起が形成されているので、粉末と異なり製造、取り扱いが容易である。また、高エネルギービームの照射角度を調整することによってナノ・マイクロ突起の成長方向を決定することができるので、吸収される光の方位を適宜調整することができる。
技術概要
亜鉛からなる基板又は亜鉛層を表面に有する基板と、この基板から成長・形成された亜鉛を主体とする多数のナノ・マイクロ突起とからなり、このナノ・マイクロ突起の形状が円錐体及び円柱体を含む横断面丸形であり、ナノ・マイクロ突起の底面の3μm以下の直径に対する高さの比であるアスペクト比が3以上であって、このナノ・マイクロ突起の成長方向に対して30°以内の角度で入射する紫外光又は可視光又赤外光を95%以上吸収することを特徴とする金属ナノ・マイクロ突起黒体、及びその製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT