画像処理装置、画像処理方法および画像処理プログラム

開放特許情報番号
L2016001197
開放特許情報登録日
2016/7/1
最新更新日
2016/7/1

基本情報

出願番号 特願2008-221956
出願日 2008/8/29
出願人 富士通フロンテック株式会社
公開番号 特開2010-057080
公開日 2010/3/11
登録番号 特許第4927047号
特許権者 富士通フロンテック株式会社
発明の名称 画像処理装置、画像処理方法および画像処理プログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 画像処理装置、画像処理方法および画像処理プログラム
目的 文字の視認性を保って画像圧縮する。
効果 本発明の画像処理装置、画像処理方法および画像処理プログラムによれば、視認性を保って画像圧縮を行うことができる。
技術概要
入力画像のデータ量を圧縮する画像処理装置において、
前記入力画像から1つ以上の文字の全体または一部を含む領域であるブロックを抽出するブロック抽出手段と、
前記入力画像の階調数を削減した階調変換画像を生成する階調変換手段であって、前記入力画像のデータを基に、当該入力画像の総階調数の中から第1の階調値と、それより大きい第2の階調値とを設定し、前記入力画像に含まれる各画素の階調値のうち、前記第1の階調値よりも小さい階調値を、階調変換画像における最小階調値に変換し、前記第2の階調値よりも大きい階調値を、階調変換画像における最大階調値に変換し、前記第1の階調値以上で前記第2の階調値以下の範囲に含まれる階調値を当該範囲の階調数が現階調数よりも少なくなるように変換して、前記階調変換画像を生成する階調変換手段と、
前記ブロック抽出手段が抽出した前記ブロックの縦方向および横方向の画素数が所定の最小画素数より少なくならない範囲で、前記階調変換画像の解像度を低解像度に変換する解像度変換手段と、
を有することを特徴とする画像処理装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT