固有情報生成装置

開放特許情報番号
L2016001188
開放特許情報登録日
2016/6/30
最新更新日
2017/12/26

基本情報

出願番号 特願2016-066788
出願日 2016/3/29
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2017-183944
公開日 2017/10/5
発明の名称 固有情報生成装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 固有情報生成装置
目的 線形帰還シフトレジスタの構造を模した回路を用いて、その構成回路素子の物理的特性に基づき複製困難な固有情報を生成するに際し、電源電圧が変動しても再現性良く固有情報を生成し得る固有情報生成装置を提供する。
効果 情報生成回路及びタイミング生成回路の電源電圧は同一であるため、情報生成回路の電源電圧が変動した場合、タイミング生成回路の電源電圧も同じ分だけ変動するため、電源電圧変動前の通常時と同じ値の固有情報を生成することができ、電源電圧変動による再現性の劣化を抑制できる。
技術概要
線形帰還シフトレジスタの構造を模した回路構成により、その構成回路素子の物理的特性に基づく複製困難な複数ビットの固有情報を生成して出力する情報生成回路と、
前記情報生成回路に対して生成した第1及び第2のタイミング信号を供給し、前記情報生成回路の動作開始から任意の設定時間経過した動作時点における生成固有情報を前記情報生成回路に保持させるタイミング生成回路と、
前記情報生成回路及び前記タイミング生成回路に対してそれぞれ共通の動作用電源電圧を供給する電源電圧源と
を備えることを特徴とする固有情報生成装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT