トリコデルマ属に属する微生物の変異株および該変異株の使用

開放特許情報番号
L2016001145
開放特許情報登録日
2016/6/17
最新更新日
2016/6/17

基本情報

出願番号 特願2013-021566
出願日 2013/2/6
出願人 国立大学法人長岡技術科学大学
公開番号 特開2014-150745
公開日 2014/8/25
発明の名称 トリコデルマ属に属する微生物の変異株および該変異株の使用
技術分野 食品・バイオ
機能 環境・リサイクル対策、材料・素材の製造
適用製品 トリコデルマ属に属する微生物の変異株、該変異株を用いたセルラーゼの製造方法、該微生物の作製方法
目的 セルラーゼ生産力の向上したトリコデルマ属に属する微生物の変異株、該変異株を用いたセルラーゼの製造方法、該変異株の作製方法を提供する。
効果 野生型β−グルコシダーゼのアミノ酸配列において少なくとも1のアミノ酸置換が導入されていることにより、野生株に比べてセルラーゼの生産性が極めて向上している。該変異株を用いてセルラーゼを高生産し、該セルラーゼを用いてセルロース系バイオマスから得られた糖を発酵させることにより、効率的にエタノールを製造することができる。
技術概要
本発明は、トリコデルマ(Trichoderma)属に属する微生物の変異株であって、野生型β−グルコシダーゼのアミノ酸配列において少なくとも1のアミノ酸残基が置換された変異株に関する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT