車体姿勢制御装置及び車体姿勢制御方法

開放特許情報番号
L2016001111
開放特許情報登録日
2016/6/13
最新更新日
2016/6/13

基本情報

出願番号 特願2014-163467
出願日 2014/8/11
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2016-037265
公開日 2016/3/22
発明の名称 車体姿勢制御装置及び車体姿勢制御方法
技術分野 輸送
機能 環境・リサイクル対策、制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 鉄道車両の車体の姿勢を制御する装置及び方法
目的 空気ばねを用いた車体姿勢制御において、簡易な装置構成で空気消費量を低減し、応答時間を短縮する。
効果 空気ばねを用いた車体姿勢制御において、簡易な装置構成で空気消費量を低減し、応答時間を短縮することができる。また、空気消費量の低減に伴い、圧縮機の稼働率を低減することができ、さらには空気供給源の小型化も可能となる。
技術概要
車体と台車枠との間において車幅方向両側に設けられた空気ばねを備え、当該空気ばねに対して空気を供給及び排出することで前記車体の姿勢を制御する車体姿勢制御装置であって、
前記空気ばねに空気を供給する空気供給源と、前記空気ばねに供給される空気又は前記空気ばねに供給された空気を加熱する加熱部と、を有することを特徴とする、車体姿勢制御装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT