温度解析方法及び電力供給装置の製造方法

開放特許情報番号
L2016001110
開放特許情報登録日
2016/6/13
最新更新日
2016/6/13

基本情報

出願番号 特願2015-008981
出願日 2015/1/20
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2016-037280
公開日 2016/3/22
発明の名称 温度解析方法及び電力供給装置の製造方法
技術分野 輸送、情報・通信
機能 検査・検出、加熱・冷却
適用製品 温度解析方法、電力供給装置の製造方法
目的 電気鉄道に用いられる電力供給装置をなすトロリ線及びすり板の材料選択に要する手間やコストを軽減可能な温度解析方法及び電力供給装置の製造方法を提供する。
効果 電気鉄道に用いられる電力供給装置の材料選択に要する手間やコストを軽減できる。
技術概要
トロリ線とすり板とが接触してなる電力供給装置に生じる温度を解析する温度解析方法であって、
前記トロリ線と、前記すり板と、当該トロリ線及びすり板の接触点と、を含む所定領域において、前記接触点を介して前記トロリ線から前記すり板にかけて印加される接触電圧と、前記所定領域内に生じる最高温度である全体最高温度と、の相関関係を示す理論式に基づいて当該全体最高温度を特定するステップと、前記接触電圧と、特定された前記全体最高温度と、に基づいて、前記所定領域内に生じる電位分布に対する温度分布の関係を示す曲線を特定するステップと、前記接触点における電位と、前記曲線と、に基づいて、前記トロリ線及び前記すり板の各々の最高温度である部材別最高温度を特定するステップと、を有する温度解析方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT