既存インフラを利用・活用した複合交通システム

開放特許情報番号
L2016001094
開放特許情報登録日
2016/6/13
最新更新日
2016/6/13

基本情報

出願番号 特願2014-187182
出願日 2014/9/16
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2016-061018
公開日 2016/4/25
発明の名称 既存インフラを利用・活用した複合交通システム
技術分野 土木・建築、輸送
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 既存インフラを利用・活用した複合交通システム
目的 既存インフラ等の交通施設を有効的に利用・活用し、モード間の長所を融合することにより、より安全、便利、柔軟的な輸送システムを構築する。
効果 本発明は既存の鉄道インフラを利用・活用することができ、地域鉄道路線をバス輸送に転換する場合と比較して、鉄道文化が一定の程度で維持可能である。
技術概要
既存インフラを利用・活用した複合交通システムにおいて、既存の鉄車輪用レール2の両側にガイド壁4を有する走行路面3を敷設して専用走行路を設け、走行時に前記ガイド壁4に当接する固定式ガイド輪6と底面に軌道回路を構築する収納式接触シュー7とを具備する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT