放射性物質の線源効率測定装置

開放特許情報番号
L2016001090
開放特許情報登録日
2016/6/9
最新更新日
2017/10/31

基本情報

出願番号 特願2016-036070
出願日 2016/2/26
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2017-151046
公開日 2017/8/31
発明の名称 放射性物質の線源効率測定装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 放射性物質の線源効率測定装置
目的 線源効率を正確に測定できる測定装置を提供する。
効果 試料状態に応じた線源効率を測定できるため、測定により得られた線源効率を用いて、従来よりも精度と感度の高い放射能測定が実現される。また、校正用に用いられる標準線源の個体差を精度良く測定することができる。
技術概要
試料から放出される荷電粒子のスペクトルを測定する荷電粒子測定装置および前記試料から放出されるγ線のスペクトルを測定するγ線測定装置を備えた放射性物質の線源効率測定装置であって、少なくともα線を放出するα核種、または、少なくともβ線を放出するβ核種の中でγ線を放出する核種のγ線測定結果により当該α核種または当該β核種の放射能を算出し、算出した放射能値と荷電粒子測定装置の測定結果から当該α核種または当該β核種のα線またはβ線の線源効率を求め、求めた当該α核種または当該β核種のα線またはβ線の線源効率に基づいて他のα核種または他のβ核種のα線またはβ線の線源効率を評価し、評価したα線またはβ線の線源効率から他のα核種または他のβ核種の放射能を算出することを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT