電波強度増幅材料、その成形体、それを用いた電子機器、及び通電焼結法

開放特許情報番号
L2016001081
開放特許情報登録日
2016/6/9
最新更新日
2017/10/31

基本情報

出願番号 特願2016-022815
出願日 2016/2/9
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2017-141128
公開日 2017/8/17
発明の名称 電波強度増幅材料、その成形体、それを用いた電子機器、及び通電焼結法
技術分野 化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 電波強度増幅材料、その成形体及びそれを用いた電子機器
目的 衛星等から発せられる極超短波の電波に対して、該物質内を通過させ、電波を受信するアンテナに導波できる電波強度増幅材料、その成形体、それを用いた電子機器、及び通電焼結法を提供する。
効果 GPSなどのL1帯波〜L5帯波の電波を受信する電子機器の受信アンテナを収納する筐体などを、作製することができる。
錆びることがなく、高硬度であるため傷などの発生も抑え、装飾性の高い部材とすることができる。また、地表の隆起などを長期に高精度観測する場合においても、受信感度を損なうことなく、4つ以上の衛星からの電波を経年変化なく高精度に受信することができる。さらに、本発明の電波強度増幅材料の色調も白色から黒色まで幅広い発色が行え、意匠性の高い部材を提供できる。
技術概要
酸化ジルコニウムに、酸化カルシウム、酸化マグネシウム、及び酸化イットリウムの少なくともいずれかの希土類酸化物を含む安定化剤が含有されている、極超短波の電波を透過させると、空気中よりも伝播が増幅される電波強度増幅材料。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT