時系列データの類似部分抽出方法

開放特許情報番号
L2016001071
開放特許情報登録日
2016/6/7
最新更新日
2016/6/7

基本情報

出願番号 特願2014-011947
出願日 2014/1/27
出願人 学校法人同志社
公開番号 特開2015-139454
公開日 2015/8/3
発明の名称 時系列データの類似部分抽出方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 類似部分抽出方法
目的 解析者に負担をかけることなく、客観的な基準に従って複数の時系列データの類似部分を抽出可能な類似部分抽出方法を提供する。
効果 解析者に負担をかけることなく、客観的な基準に従って複数の時系列データの類似部分を抽出可能な類似部分抽出方法を提供することができる。特に、本発明に係る類似部分抽出方法よれば、時系列データの形のみに注目して類似部分を抽出するので、時間方向に圧縮/伸張された時系列データと圧縮/伸張される前の時系列データとの類似部分を抽出することもできる。
技術概要
本発明の実施例に係る類似部分抽出方法は、任意の物理量を一定時間毎にn回(ただし、nは3以上の整数)測定することにより得た第1時系列データと、該物理量を一定時間毎にm回(ただし、mは3以上の整数)測定することにより得た第2時系列データとの類似部分を抽出する方法である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人同志社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT