残響応答生成装置およびそのプログラム

開放特許情報番号
L2016001057
開放特許情報登録日
2016/6/6
最新更新日
2016/6/6

基本情報

出願番号 特願2012-116235
出願日 2012/5/22
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2013-243572
公開日 2013/12/5
登録番号 特許第5879199号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 残響応答生成装置およびそのプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 残響応答生成装置およびそのプログラム
目的 ヘッドホン受聴時において、受聴者が入れ替わった場合であっても、同じ音響空間で受聴したものに近い残響の生成が可能な残響応答を生成する残響応答生成装置およびそのプログラムを提供する。
効果 受聴者が実際の音響空間に赴くことなく、当該受聴者が同じ音響空間で受聴したものに近い残響を生成することができる。また、受聴者が入れ替わった場合であっても、生成された第2方向別ルームインパルス応答と当該変更後の受聴者の頭部インパルス応答とを音響信号に畳み込むことで、当該変更後の受聴者が同じ音響空間で受聴したものに近い残響を生成することができる。
技術概要
残響応答生成装置1は、第1バイノーラル方向別ルームインパルス応答を算出するインパルス応答畳み込み手段10と、第1バイノーラル方向別ルームインパルス応答のスペクトログラムを算出する第1インパルス応答変換手段20と、バイノーラルルームインパルス応答のスペクトログラムを算出する第2インパルス応答変換手段30と、第2バイノーラル方向別ルームインパルス応答のスペクトログラムを算出するスペクトログラム算出手段40と、第2バイノーラル方向別ルームインパルス応答を算出するスペクトログラム変換手段50と、第2方向別ルームインパルス応答を算出するインパルス応答逆畳み込み手段60と、を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT