送受信システム、送受信方法及び電子装置

開放特許情報番号
L2016001055
開放特許情報登録日
2016/6/6
最新更新日
2016/6/6

基本情報

出願番号 特願2012-108557
出願日 2012/5/10
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2013-236320
公開日 2013/11/21
登録番号 特許第5892849号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 送受信システム、送受信方法及び電子装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 送受信システム、送受信方法及び電子装置
目的 伝送レートを落とすことなく、確実にデータの送受信を行うことができる送受信システム、送受信方法及び電子装置を提供する。
効果 送受信方法は、送信信号が送信された時間と、受信信号を受信した時間に基づいて、遅延時間を測定し、この遅延時間と予め定めた比率に基づいて、送信サブフレーム時間と受信サブフレーム時間を設定し、送信サブフレーム時間と受信サブフレーム時間に基づいて、送信部と受信部を切り替える。よって、送受信方法は、伝播遅延の大きさに応じてガードタイムを大きく設定せず、かつ伝送レートを落とすことなく、確実にデータの送受信を行うことができる。
技術概要
送受信サブフレームの比率を決定する第1比率決定部11と、測定用信号を生成する第1測定用信号生成部12と、測定用信号と送受信サブフレームの比率を付加して第1信号を生成する第1送信信号生成部13と、第1信号を送信する第1送信部14と、第2信号を受信する第1受信部15と、第2信号から測定用信号を分離する第1分離部16と、第1信号が第1送信部14から送信された時間と、第2信号を第1受信部15で受信した時間に基づいて、遅延時間を測定する第1遅延時間測定部17と、遅延時間と、送受信サブフレームの比率に基づいて、送受信サブフレーム時間を設定する第1設定部18と、送受信サブフレーム時間に基づいて、第1送信部14と第1受信部15を切り替える第1切替部19を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT