多重フォーカスカメラ

開放特許情報番号
L2016001046
開放特許情報登録日
2016/6/6
最新更新日
2016/6/6

基本情報

出願番号 特願2012-072407
出願日 2012/3/27
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2013-205516
公開日 2013/10/7
登録番号 特許第5848177号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 多重フォーカスカメラ
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造、検査・検出、制御・ソフトウェア
適用製品 光学機器
目的 被写体の像を撮像するとともに、撮像光学系のレンズから被写体までの距離を計測する多重フォーカスカメラを提供する。
効果 本発明によれば、被写体までの距離測定に関する性能又は利便性を高めることができ、小型で動物体の撮像及びその被写体までの距離計測に適した多重フォーカスカメラを実現できる。
技術概要
被写体の像を撮像するとともに、撮像光学系のレンズから被写体までの距離を計測する多重フォーカスカメラであって、
撮像光学系のレンズと、
前記レンズを介して被写体から入射する光のうち、有機光電変換膜により所定の光吸収率で光を吸収して光電変換し被写体の像を撮像する第1撮像素子と、
前記第1撮像素子を透過した光を光電変換し当該被写体の像を撮像する第2撮像素子と、
前記第1撮像素子及び前記第2撮像素子による撮像動作を制御する制御部とを備え、
前記第1撮像素子及び前記第2撮像素子は、前記第1撮像素子及び前記第2撮像素子で撮像される当該被写体の像のボケ量の差が前記レンズの焦点距離及び口径比、当該被写体から前記レンズまでの距離、前記レンズから前記第1撮像素子までの距離、及び、前記レンズから前記第2撮像素子までの距離に依存する予め定めた間隔で前記レンズの光軸上に配置されており、
前記制御部は、前記第1撮像素子及び前記第2撮像素子で撮像される当該被写体の像のボケ量の差に基づいて、当該被写体から前記レンズまでの距離を演算する測距演算部を有することを特徴とする多重フォーカスカメラ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT