3次元モデル−インテグラル画像変換装置およびそのプログラム

開放特許情報番号
L2016001034
開放特許情報登録日
2016/6/6
最新更新日
2016/6/6

基本情報

出願番号 特願2012-064679
出願日 2012/3/22
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2013-196532
公開日 2013/9/30
登録番号 特許第5845123号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 3次元モデル−インテグラル画像変換装置およびそのプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 被写体の3次元形状(3次元モデル)をインテグラル画像に変換する3次元モデル−インテグラル画像変換装置およびそのプログラム
目的 被写体から取得された3次元モデルの欠落領域を可能な限り縮小し、インテグラル方式の立体再生像の品質を改善することができる3次元モデル−インテグラル画像変換装置を提供する。
効果 3次元モデルの欠落領域を縮小し、インテグラル方式の立体再生像の品質を改善することができる。
3次元モデルの距離値を加味して複数の3次元モデルから1つのインテグラル画像を生成するため、3次元モデルにより忠実なインテグラル画像を生成することができる。
複数のインテグラル画像から輝度値または色情報を選択するためのフィルタリング処理が不要となり、より少ない処理でインテグラル画像を生成することができる。
技術概要
3次元モデル−インテグラル画像変換装置1は、複数の3次元モデルをそれぞれインテグラル画像に変換する3次元モデル−IP変換手段101と、3次元モデル−IP変換手段101によって変換された複数のインテグラル画像の同一位置の画素について、欠落画素を示す所定の輝度値または所定の色情報を除外した上で、中間値となる輝度値または色情報を選択する中間値フィルタ111と、中間値フィルタ111によって選択された画素ごとの輝度値または色情報を、それぞれ対応するインテグラル画像の画素に割り当てることで、1枚のインテグラル画像を合成する合成制御手段112と、を備えている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT