連続リング状のリング周辺に1周回毎に1カ所、リング周辺から中央に至る形状の取付部分を設け、鉄筋を取付部分に嵌め込んで、鉄筋に定着する、嵌め込み用コンクリート付着部材。鉄筋構造体の出隅、隅部の交差付近の鉄筋に配備したコンクリート構造物。

開放特許情報番号
L2016000968
開放特許情報登録日
2016/5/26
最新更新日
2016/5/26

基本情報

出願番号 特願2010-095451
出願日 2010/3/31
出願人 前田 博文
公開番号 特開2011-214380
公開日 2011/10/27
登録番号 特許第4853748号
特許権者 前田 博文
発明の名称 コンクリート付着部材
技術分野 土木・建築、その他
機能 接着・剥離、その他
適用製品 鉄筋コンクリート構造物、その他
目的 鉄筋を囲むようにコンクリート付着部材を取付けて、付着用量の増加を向上させ、コンクリートを拘束し、曲げ強度の増加を図り剥がれ、剥落を防ぎ耐震性の向上を図る。
効果 コンクリート曲げ強度試験に於いて、部材取付有無では、約11.3%強度が増加したことが立証された。(自社比)(北海道コンクリート技術センターにて実施、2014年9月16日)ピック又は、ハンマーによる打撃破壊テストに於いても、拘束による剥がれ、剥落の差は一目瞭然であり、開口上部、左右のひび割れも激減した。よって、鉄筋にコンクリートを拘束する効果が向上した。
技術概要
 
リング周辺に1周回毎1箇所取付け部分を設け、リング中央に鉄筋が定着するように嵌め込んで取付けする。主に住宅基礎等のシングル配筋の構造体に配備して、コンクリートを連続するリングで囲い込んで筒状に拘束し剥がれ、剥落を防止する。嵌め込み、取付けして周部で拘束する技術は従来にはなく、耐震性の向上等、様々な良い結果が出ている。
実施実績 【有】  平成25年から低層住宅・アパート・塀の上部配筋、開口上部配筋に取付けています。上面ひび割れ、開口部側面ひび割れは皆無に等しい状況です。取付総延長500ミリ×3500個=1750メートル、開口部986箇所の実績があります。
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 取付けが容易であるとともに、保管・運搬等の取扱いも簡易なため、現場での作業効率が極めて良好である。又、あらゆる配筋状態でも取付けが可能で、変更があれば簡単に取外す事ができ、更には、差込み口を鉄筋の太さや部材の外径を変える事により、あらゆる場所に取付けが可能である。コンクリート打設に於いても線材であるため粗骨材も抵抗なく流れ込み、伸縮用部材は、細骨材から粗骨材の最大寸法に合わせる事が現場で簡単に対応できる。従来の開口補強に於いては、ダイヤ筋を入れても付着のみで拘束する事はできない。この部材は鉄筋に定着しコンクリートを囲い込んで拘束する。勿論ダイヤ筋にも取付けが可能である。安価でワンタッチで簡単に取付けて拘束し曲げ強度を向上させ、剥がれ、剥落防止の補強材はこのコンクリート付着部材以外にはなく、曲げ強度については予想外の向上に驚いています。効果に於いても、シングル配筋基礎に生ずる上面のひび割れが激減し皆無に等しい効果が表れている。故に、打放しの塀或いはモニュメント等独立したシングル配筋のコンクリート構造物に取付ければ効果を発揮できる。資源を大切にするエコの時代、むやみに鉄筋・コンクリートを増す事なく与えられた条件で耐震性を増す事ができ、鉄筋コンクリート基礎の高い品質を発揮させる事ができる。安価、ワンタッチ、強度アップするシングル配筋補強材はこのコンクリート付着部材以外なし。

登録者情報

登録者名称 前田 博文

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT