シトシン塩基を含む遺伝子配列を認識する化合物及びその方法

開放特許情報番号
L2016000931
開放特許情報登録日
2016/5/23
最新更新日
2017/10/31

基本情報

出願番号 特願2016-022811
出願日 2016/2/9
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2017-141181
公開日 2017/8/17
発明の名称 化合物、プローブ、縮合物及びシトシンの検出方法
技術分野 有機材料、食品・バイオ、情報・通信
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 化合物、プローブ、縮合物及びシトシンの検出方法
目的 周辺領域のpHの変化に伴う蛍光発光波長の変化を利用して、特定の核酸塩基を検出可能なポリヌクレオチドからなるプローブ及び核酸塩基の検出方法の提供。
効果 周辺領域のpHの変化に伴う蛍光発光波長の変化を利用して、特定の核酸塩基を検出可能なポリヌクレオチドからなるプローブ、前記プローブを製造するための新規の化合物、前記化合物を用いた縮合物、並びに前記プローブを用いた核酸塩基の検出方法が提供される。
技術概要
式(1)で表される化合物。[R↑1はH又はOH;Zは(1)−11又は(1)−12で表される基(X↑11及びX↑12はH、シアノ、アミノ、モノアルキルアミノ又はジアルキルアミノ;R↑11及びR↑12は各々独立にアルキル又はハロゲン;n↓11及びn↓12は0〜5の整数)]
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT