マグネシウム二次電池用負極の処理方法、マグネシウム二次電池用負極及びマグネシウム二次電池

開放特許情報番号
L2016000903
開放特許情報登録日
2016/5/23
最新更新日
2017/1/30

基本情報

出願番号 特願2015-078530
出願日 2015/4/7
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2016-201182
公開日 2016/12/1
発明の名称 マグネシウム二次電池用負極の処理方法、マグネシウム二次電池用負極及びマグネシウム二次電池
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 マグネシウム二次電池用負極の処理方法、マグネシウム二次電池用負極及びマグネシウム二次電池
目的 マグネシウム二次電池に用いることができる電解液の選択性を高めることができるマグネシウム二次電池用負極の処理方法を提供する。
効果 本発明の一態様に係るマグネシウム二次電池用負極の処理方法を用いることで、マグネシウム二次電池に用いることができる電解液の選択性を高めることができる。また本発明の一態様に係るマグネシウム二次電池用負極、マグネシウム二次電池は、電解液の選択性が高い。
技術概要
マグネシウム二次電池用負極の処理方法は、マグネシウムまたはマグネシウム合金を含むマグネシウム二次電池用負極の一部又は全部をハロゲン化アルキル溶液に浸漬し、マグネシウムまたはマグネシウム合金の表面に形成された不動態膜を除去する工程を有する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT