架線・パンタグラフ系の走行シミュレーション装置

開放特許情報番号
L2016000747
開放特許情報登録日
2016/5/10
最新更新日
2016/10/3

基本情報

出願番号 特願2013-245597
出願日 2013/11/28
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2015-102522
公開日 2015/6/4
登録番号 特許第5986061号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 架線・パンタグラフ系の走行シミュレーション装置
技術分野 情報・通信、輸送
機能 検査・検出
適用製品 架線・パンタグラフ系の走行シミュレーション装置
目的 架線に沿って走行するときのパンタグラフの性能を評価するためのより実用的な架線・パンタグラフ系の走行シミュレーション装置を提供する。
効果 パンタグラフが走行する間のトロリ線の変位がパンタグラフが走行するにつれて変化する架線の剛性を反映して正しく算定され、加振器の動きとしてリアルタイムでフィードバックすることができる。さらに、力学モデル化が難しく運動方程式を正しく解くことが難しい種々のパンタグラフの運動についても実機あるいはプロトモデルなどを使うことで複雑な演算を省いて容易にかつ正確に解析することができる。
技術概要
接触力測定器3で実測したパンタグラフ7と加振器5の間の接触力値をリアルタイムでシミュレータ1に取り込んで、架線の応答特性を位置により変化する関数として表す力学モデルを用いたシミュレーションによりパンタグラフの仮想的な走行距離に応じて実測された接触力に対応するトロリ線の変位をリアルタイムで算定し、算定したトロリ線の変位に応じて加振器5をリアルタイムで駆動する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT