中層梁の配置によるラーメン高架橋の耐震補強工法

開放特許情報番号
L2016000745
開放特許情報登録日
2016/5/10
最新更新日
2016/5/10

基本情報

出願番号 特願2013-249761
出願日 2013/12/3
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2015-105562
公開日 2015/6/8
発明の名称 中層梁の配置によるラーメン高架橋の耐震補強工法
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 中層梁の配置によるラーメン高架橋の耐震補強工法
目的 簡易な方法により、ラーメン高架橋柱(列)の全て、または一部を補強することにより、ラーメン高架橋全体の耐荷力(震度)や剛性を向上させる、中層梁の配置によるラーメン高架橋の耐震補強工法を提供する。
効果 簡易な方法により、ラーメン高架橋柱(列)の全て、または一部を補強することにより、ラーメン高架橋全体の耐荷力(震度)や剛性を向上させる、中層梁の配置によるラーメン高架橋の耐震補強工法として利用可能である。
技術概要
中層梁の配置によるラーメン高架橋の耐震補強工法において、ラーメン高架橋柱11の中間位置であって、このラーメン高架橋柱11の列の全て、またはこのラーメン高架橋柱11の列の一部に中層梁12を配置して補強することにより、ラーメン高架橋10全体の耐荷力(震度)や剛性を向上させる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT