軌道バラストの摩耗判定方法及び摩耗判定装置

開放特許情報番号
L2016000743
開放特許情報登録日
2016/5/10
最新更新日
2016/5/10

基本情報

出願番号 特願2013-260660
出願日 2013/12/17
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2015-117498
公開日 2015/6/25
発明の名称 軌道バラストの摩耗判定方法及び摩耗判定装置
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 軌道バラストの摩耗判定方法及び摩耗判定装置
目的 鉄道のバラスト軌道を形成しているバラストの状態を正確に検出することができ、これによって鉄道軌道の維持管理を容易に行うことができる、軌道バラストの摩耗判定方法及び摩耗判定装置を提供する。
効果 劣化分析及び判定過程での判定結果に基づき鉄道軌道における現在のバラストの摩耗、劣化状態を正確に認識することができ、当該バラストの交換時期を正確に知り、かつ鉄道軌道の維持管理を容易に行うことができる。
技術概要
バラスト2に打撃を与える打撃過程と、該打撃過程で与えられた打撃によりバラスト2を伝播した振動を検出する振動検出過程と、該振動検出過程で検出された振動の周波数特性を分析するとともに、分析した周波数特性を基準値と比較してバラスト2の摩耗の程度を推定する劣化分析及び判定過程と、を有することを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT