車両の転覆防止装置

開放特許情報番号
L2016000740
開放特許情報登録日
2016/5/10
最新更新日
2016/5/10

基本情報

出願番号 特願2014-002266
出願日 2014/1/9
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2015-128978
公開日 2015/7/16
発明の名称 車両の転覆防止装置
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策
適用製品 転覆防止装置
目的 横風に対する車両の転覆を適切に防止する転覆防止装置を提供する。
効果 横風の発生時に、翼形部は空気力を発生させることができる。しかも、所定方向に発生する空気力によって、横風により車両に作用する横力を低減することができ、車両の転覆を防止することができる。また、翼形部は任意の方向に空気力を発生させることができるので、例えば竜巻など、突発的に横風が発生した場合にも対応することができる。
転覆防止装置の設計の自由度を高くできる。さらに、車両本体に設けられる簡易なものであるため、対策費用を低廉化することも可能となる。
技術概要
転覆防止装置30は、鉄道車両10の天井面に設けられ、断面形状が翼形状である翼形部31と、翼形部31を支持する支持部32とを備える。翼形部31は、横風に対する傾きが調整されて、当該横風の発生時に所定方向に空気力を発生させる。この空気力は、車両幅方向において横風の発生側に向かって作用する成分を有する。また、転覆防止装置30は、通常走行時には車両内部に収納され、横風の発生時に車両の天井面上方に配設される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT