ヨーダンパ装置

開放特許情報番号
L2016000736
開放特許情報登録日
2016/5/10
最新更新日
2016/5/10

基本情報

出願番号 特願2013-213800
出願日 2013/10/11
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2015-074419
公開日 2015/4/20
発明の名称 ヨーダンパ装置
技術分野 輸送、機械・加工
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策
適用製品 ヨーダンパ装置に関し、特に地震時における安全性を向上させたもの
目的 地震時における安全性を向上させたヨーダンパ装置を提供する。
効果 地震時における安全性を向上させたヨーダンパ装置を提供することができる。
技術概要
鉄道車両の車体10と車体に対してボギー角付与可能に取り付けられる台車枠21との間に設けられるヨーダンパ装置30を、台車枠21の左右側部21aと車体との間にそれぞれ設けられ、台車枠の鉛直軸回りの回動に応じて一方が伸長し他方が短縮して減衰力を発生するように車両前後方向にほぼ沿って配置された第1の油圧緩衝器31及び第2の油圧緩衝器32を有し、第1の油圧緩衝器及び第2の油圧緩衝器の台車枠側の取付箇所33と車体側の取付箇所34,35と間の取付スパンが実質的に等しくなるようにした構成とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT