小口オーダ対応コルゲータスタッカ

開放特許情報番号
L2016000695
開放特許情報登録日
2016/4/29
最新更新日
2016/4/29

基本情報

出願番号 特願2010-238470
出願日 2010/10/25
出願人 足立 宇央
公開番号 特開2012-091884
公開日 2012/5/17
登録番号 特許第4692860号
特許権者 足立 宇央
発明の名称 シートスタッカ
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 シートスタッカ
目的 上方より積載されたシートを、1オーダごと確実に分離、積載台に積載し、下方よりの排出を可能とするシートスタッカを提供する。
効果 セパレータのフロントストッパ方向への移動中は、常時、上層のシート群のフロントストッパ方向への動きをフロントストッパが制止するように、セパレータの移動を制御して、セパレータが移動する際のセパレータの上面と上層シート群の最下層のシートの下面との間の摩擦力や上層シート群の揺動等によって、薄板状フォークによって保持された上層シートの最下層のシートの下面が、薄板状フォークから脱落する不具合を、防止することを可能としている。
技術概要
シートスタッカ10に上方からシートNSがフロントストッパ11によってその先端を整列されながら積載される。バックフォーク12によって上層シート群USの最下層のシートUS1の下面の端部を持ち上げ支えることによって形成された間隙SPの間を、セパレータ13がフロントフォーク14に向かって最下層シートUS1の下面に接触し、上層シート群USを押し上げる。セパレータ13が移動中は常にフロントストッパ11のシート受け止め面が上層シート群の数枚のシートの端面を受け止めるように、セパレータ13の移動を制御することにより、セパレータ13の移動に起因して、バックフォーク12が持ち上げている上層シート群の端部がバックフォーク12からフロントフォーク14側へ脱落するのを防止する。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 足立 宇央

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT