強酸性ジルコニウム粒子の製造方法、プロトン伝導性材料、プロトン伝導性膜の製造方法、プロトン伝導性膜、燃料電池用電極、膜−電極接合体、燃料電池

開放特許情報番号
L2016000678
開放特許情報登録日
2016/4/29
最新更新日
2016/4/29

基本情報

出願番号 特願2011-526695
出願日 2010/3/25
出願人 国立大学法人東京工業大学
公開番号 WO2011/018908
公開日 2011/2/17
登録番号 特許第5645166号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 強酸性ジルコニウム粒子の製造方法、プロトン伝導性材料、プロトン伝導性膜の製造方法、プロトン伝導性膜、燃料電池用電極、膜−電極接合体、燃料電池
技術分野 電気・電子、化学・薬品、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 強酸性ジルコニウム粒子の製造方法、プロトン伝導性材料、高性能なプロトン伝導性膜の製造方法、プロトン伝導性膜、燃料電池用電極、膜−電極接合体及び燃料電池
目的 有機無機複合材料を構成する無機系材料として用いることが可能な強酸性ジルコニウム粒子の製造方法及びこの製造方法により得られた強酸性ジルコニウム粒子を用いたプロトン伝導性材料、プロトン伝導性膜の製造方法、この製造方法により得られたプロトン伝導性膜、燃料電池用電極、膜−電極接合体及び燃料電池を提供する。
効果 本発明によれば、ジルコニウムナノ粒子を用いることで、プロトン伝導性材料として高性能な材料であって触媒活性の高い強酸性ジルコニウム粒子を低温で製造することが可能となるため、強酸性ジルコニウム粒子をプロトン伝導性材料として用いることが可能となる。
技術概要
ジルコニウムアルコキシドとキレート剤と触媒とを溶媒中で反応させて得られるジルコニウムナノ粒子に、スルホフェニルホスホン酸を加えて反応させることで強酸性ジルコニウム粒子を得る強酸性ジルコニウム粒子の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

登録者名称 国立研究開発法人科学技術振興機構

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT