マルチスクリューカオス発振回路

開放特許情報番号
L2016000677
開放特許情報登録日
2016/4/29
最新更新日
2016/4/29

基本情報

出願番号 特願2011-505845
出願日 2010/3/10
出願人 国立研究開発法人科学技術振興機構
公開番号 WO2010/109793
公開日 2010/9/30
登録番号 特許第5158823号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 マルチスクリューカオス発振回路
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 マルチスクリューカオス発振回路
目的 簡単な構成で、多様なマルチヒステリシスVCCS特性が使用でき、様々なマルチスクリューアトラクタを発生させることができるマルチスクリューカオス発振回路を提供する。
効果 連続時間カオス発振回路でありながらインダクタを含んでいないため、従来提案されているカオス回路と比較して簡単な構成の回路を提供することができる。
多様なマルチヒステリシスVCCS特性が使用できるため、様々なマルチスクリューアトラクタを発生させることができる。
構成要素であるマルチヒステリシスVCCS回路の諸特性を変化させることにより、より多くのカオスアトラクや分岐構造が実現できる。
技術概要
(a)線形VCCS回路G1およびG2の組からなる線形2ポートVCCS回路と、
(b)マルチヒステリシスVCCS特性を持つマルチヒステリシスVCCS回路MH1およびMH2の組からなるマルチヒステリシス2ポートVCCS回路と、
(c)前記線形2ポートVCCS回路と前記マルチヒステリシス2ポートVCCS回路とを並列接続させた回路の両端にそれぞれキャパシタC1とC2とを接続するようにしたことを特徴とするマルチスクリューカオス発振回路。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

登録者名称 国立研究開発法人科学技術振興機構

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT