非晶質アルミニウムケイ酸塩の製造方法

開放特許情報番号
L2016000634
開放特許情報登録日
2016/4/25
最新更新日
2018/8/23

基本情報

出願番号 特願2017-004736
出願日 2017/1/14
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2017-128499
公開日 2017/7/27
発明の名称 非晶質アルミニウムケイ酸塩及びその製造方法
技術分野 化学・薬品、無機材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 非晶質アルミニウムケイ酸塩及びその製造方法
目的 従来と同等の低コストでの合成が可能であり、かつ中湿度領域において優れた水蒸気吸着性能を有する非晶質アルミニウムケイ酸塩及びその製造方法を提供する。
効果 水ガラスと硫酸アルミニウムを原料に用い、さらに水ガラスと硫酸アルミニウム水溶液を混合した際のpHを制御することにより、中湿度領域において優れた吸着挙動を有する新規な非晶質アルミニウムケイ酸塩を安価に提供することができる。そして、本発明の方法により得られた非晶質ケイ酸アルミニウム塩は、従来の非晶質ケイ酸アルミニウム塩より高性能な水蒸気吸着性能を有し、特に、優れた性能を有するデシカント空調用吸着剤を提供することができる。
技術概要
水ガラスと硫酸アルミニウム水溶液をSi/Alモル比が0.7〜1.3かつ混合時のpHが3.5〜5.0となるように混合し、攪拌後、これにアルカリを添加してpH6〜10に調整し、脱塩処理及び70℃以上130℃以下での加熱処理を行うことによって、非晶質アルミニウムケイ酸塩を合成する。得られた非晶質アルミニウムケイ酸塩は、CP/MAS法による↑29Si固体NMRスペクトルにおいてOH−Si−(OAl)↓3に起因するピークと、そのピークから12ppm小さいピークを有するものであって、吸着時の相対湿度60%と脱離時の相対湿度10%の差において吸着量が20wt%以上の優れた水蒸気吸着性能を有しており、デシカント空調用吸着剤として用いることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT