音像定位改善装置

開放特許情報番号
L2016000618
開放特許情報登録日
2016/4/25
最新更新日
2016/4/25

基本情報

出願番号 特願2011-105432
出願日 2011/5/10
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2012-238967
公開日 2012/12/6
登録番号 特許第5852325号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 音像定位改善装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 画面周囲の各辺に配置したスピーカを用いた音再生時の音像定位を制御する音像定位改善装置
目的 聴取位置が画面の中央からずれた場合でも、音像定位を画面内部に知覚させることが可能な音像定位改善装置を提供すること。
効果 本発明による音像定位改善装置によれば、聴取位置が画面の中央からずれた場合でも、音像定位を画面内部に知覚させることが可能となる。
技術概要
本発明に係る音像定位改善装置1は、画面周囲の各辺に配置したスピーカ19〜22を用いた音再生時の音像定位を制御する音像定位改善装置1であって、前記各辺のスピーカ19〜22から放射する音の補正時間を計算する補正時間計算手段12と、前記補正時間に応じて前記各辺のスピーカから放射する音の時間差を補正する時間差補正器13と、を備え、前記補正時間計算手段12は、前記画面の横辺に配置されたスピーカ19、20からの音が、前記画面の縦辺に配置されたスピーカ21、22からの音より早く視聴者に到達するように前記補正時間を計算する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT