液晶表示パネルの電極構造およびホログラム記録装置

開放特許情報番号
L2016000614
開放特許情報登録日
2016/4/25
最新更新日
2016/4/25

基本情報

出願番号 特願2011-137642
出願日 2011/6/21
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2013-003531
公開日 2013/1/7
登録番号 特許第5846770号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 液晶表示パネルの電極構造およびホログラム記録装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 液晶表示パネルの電極構造およびこれを用いたホログラム記録装置
目的 ホログラム再生時に、撮像素子のサンプリングによって生じるノイズを低減し得る、信号データ変調用の液晶表示パネルの電極構造およびこれを用いたホログラム記録装置を提供する。
効果 液晶表示パネルの仮想線(水平方向または垂直方向の直線)上の光強度分布は、連続する矩形波的な形状ではなく、むしろ正弦波的な、なだらかに変化する曲線形状が連続したものとなる。
ページデータの光強度分布が正弦波形状のとき、周波数成分は単一成分となり高調波は発生しない。したがって、撮像したときのサンプリング周波数付近に高調波は存在せず、折り返しのノイズは生じない。
技術概要
透過型または反射型の液晶表示パネルにおいて、液晶に電圧を印加する電極のうち、少なくとも一方の面側に配される、画素毎に設けられた電極は、該画素毎の中心位置を中心として円形状をなす円形状電極部分と、この円形状電極部分の外周側に同心円状に設けられた同心円状電極部分とからなり、
前記同心円状電極部分が複数の同心円状の電極からなり、前記円形状電極部分と該同心円状電極部分の間隔および該同心円状の電極同士の間隔が前記画素の中心から離れるに従い広くなるように構成されていることを特徴とする液晶表示パネルの電極構造。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT