イントラ予測装置、符号化装置、及びプログラム

開放特許情報番号
L2016000605
開放特許情報登録日
2016/4/25
最新更新日
2016/4/25

基本情報

出願番号 特願2011-220377
出願日 2011/10/4
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2013-081100
公開日 2013/5/2
登録番号 特許第5841395号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 イントラ予測装置、符号化装置、及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 イントラ予測装置、符号化装置、及びプログラム
目的 予測対象ブロックに隣接するブロックの予測方向を考慮してMPMを設定することにより、MPMの予測確度を向上させ、予測モード情報の伝送量を低減させることが可能なイントラ予測装置、符号化装置、及びプログラムを提供する。
効果 予測対象ブロックに隣接するブロックの予測方向を考慮してMPMを設定することにより、MPMの予測確度を向上させ、予測モード情報の伝送量を低減させることができるようになる。
技術概要
ブロック単位でイントラ予測を行い、予測対象ブロックについて予測方向を示す予測モードを決定するとともに、該予測対象ブロックの予測モードの予測値を決定するイントラ予測装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT