車載用電子機器

開放特許情報番号
L2016000571
開放特許情報登録日
2016/4/21
最新更新日
2016/4/21

基本情報

出願番号 特願2008-004562
出願日 2008/1/11
出願人 株式会社ユピテル
公開番号 特開2009-166551
公開日 2009/7/30
登録番号 特許第5246614号
特許権者 株式会社ユピテル
発明の名称 車載用電子機器
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 マイクロ波検出器,目標物検出装置その他の車載用電子機器
目的 画面表示部を備えた車載用電子機器において、従来よりも消費電力を抑えることができ、操作性が良好にする。
効果 本発明では、画面表示部を備えた車載用電子機器において、従来よりも消費電力を抑えることができ、操作性が良好で、より快適な運転に貢献することができ、使い勝手が良くなる。
技術概要
音による報知を行なう音報知部と、
表示画面による報知を表示するための表示部と、
前記それぞれの報知を行なう制御部と、
ケース本体と、
を備え、
前記表示部は、前記ケース本体に対して移動可能に取り付けられ、その表示部の表示画面が露出して外部から視認可能な開状態と、その表示部の表示画面が外部に対して非露出状態となり外部から視認不能な閉状態と、を採るように構成され、
前記制御部は、前記開状態のときには画面表示による報知も行ない、前記閉状態のときには画面表示による報知を行なわないように動作し、
外部電源に接続するための電源供給コードを着脱可能とするコネクタを有するとともに、太陽電池とその太陽電池で発電された電力を蓄電する蓄電池とを有し、前記外部電源からの電力供給を受けずに、前記太陽電池及び前記蓄電池からの電力供給により駆動している場合、前記制御部は、前記画面表示による報知を停止するように制御するようにし、
情報取得部を備え、
前記表示部が閉状態のときは、当該情報取得部の間欠動作の間隔を、開状態のときに比べ大きくするようにしたことを特徴とする車載用電子機器。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社ユピテル

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT