マイクロ波検出器

開放特許情報番号
L2016000514
開放特許情報登録日
2016/4/13
最新更新日
2016/4/13

基本情報

出願番号 特願2006-141224
出願日 2006/5/22
出願人 株式会社ユピテル
公開番号 特開2007-309867
公開日 2007/11/29
登録番号 特許第4767756号
特許権者 株式会社ユピテル
発明の名称 マイクロ波検出器
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 マイクロ波検出器
目的 身近な行動エリアの設定を容易に行なうことができると共に、ユーザの利用状況に応じて更新できるマイクロ波検出器を提供する。
効果 動作の“有り”/“なし”に変化した際の位置情報に基づいて基準点を決定し、その基準点に基づいてローカルエリアを設定することで、ユーザにとって身近な行動エリアをローカルエリアに設定することができる。
地図情報を持たないマイクロ波検出器において、簡単な演算処理でローカルエリアに属しているか否かを求めることができる。
技術概要
自車の位置を検出する位置検出手段と、所定のマイクロ波を検出するマイクロ波検出手段と、前記マイクロ波検出手段の出力に基づいて所定のマイクロ波を受信したことを報知するマイクロ波受信報知手段と、前記マイクロ波検出手段を含む手段の動作の有無を判定する動作判定手段と、前記動作判定手段の出力と前記位置検出手段の出力に基づき、複数の基準点を決定する基準位置判定手段と、前記基準位置判定手段により判定した複数の基準点を記憶する基準点記憶部と、
前記位置検出手段で検出される車両の現在位置が、前記複数の基準点に基づいて設定されるローカルエリア内に存在するか否かを判定するローカルエリア判定手段と、前記ローカルエリア判定手段の出力から前記マイクロ波受信報知手段または/および前記マイクロ波検出手段を制御するマイクロ波受信報知制御手段と、を備え、
前記基準位置判定手段は、前記動作判定手段の判定結果が、動作有りになった際に取得した位置情報と、動作無しになった際に取得した位置情報の少なくとも一方を記憶し、同一位置についての保存数から前記複数の基準点を決定することを特徴とするマイクロ波検出器。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社ユピテル

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT