貸切風呂等の自動管理装置

開放特許情報番号
L2016000511
開放特許情報登録日
2016/4/11
最新更新日
2016/4/11

基本情報

出願番号 特願2005-216468
出願日 2005/6/28
出願人 株式会社 大雄
公開番号 特開2007-009660
公開日 2007/1/18
登録番号 特許第4822045号
特許権者 株式会社 大雄
発明の名称 貸切風呂等の自動管理装置
技術分野 土木・建築、生活・文化
機能 機械・部品の製造
適用製品 旅館やホテルの貸切風呂や大家族の風呂等の管理を簡単にした貸切風呂等の自動管理装置
目的 旅館やホテルの貸切風呂や大家族の風呂等の自動管理装置を提供する。
効果 他人の手を煩わすことなく利用者が自主的に管理して利用できるようになる。
技術概要
旅館やホテルの貸切風呂や大家族の風呂等の多数人が利用する施設において、該貸切風呂等の多数人が利用する施設の鍵や錠を施錠(ロック)すると、これと同時に表示板等の表示体に施設を使用中であることを表示すると共に、前記鍵や錠を解錠(アンロック)すると、これと同時に表示板等の表示体に施設を使用してないことを表示することにより、施設の管理を簡単かつ確実にすることができることを特徴とする貸切風呂等の自動管理装置を提供することにより達成される。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社 大雄

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT