ドアロック制御システム

開放特許情報番号
L2016000505
開放特許情報登録日
2016/4/7
最新更新日
2016/4/7

基本情報

出願番号 特願2004-088127
出願日 2004/3/24
出願人 株式会社ユピテル
公開番号 特開2005-273283
公開日 2005/10/6
登録番号 特許第4354316号
特許権者 株式会社ユピテル
発明の名称 ドアロック制御システム
技術分野 土木・建築、輸送
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 ドアロック制御システム
目的 振動検知機能付きの携帯機の位置を、車両に搭載した車載機が検知し、前記携帯機の所持者が車両から離れるとドアを自動ロックし車両に近づくとドアが自動アンロックすることができ、特に省電力化に加えて携帯機が車両内に閉じ込められることを防止し、不必要なロック/アンロックの繰り返しを解消ないし低減することができるドアロック制御システムを提供する。
効果 振動検知機能付きの携帯機の位置を、車両に搭載した車載機が検知し、前記携帯機の所持者が車両から離れるとドアを自動ロックし車両に近づくとドアが自動アンロックすることができ、特に省電力化に加えて携帯機が車両内に閉じ込められることを防止し、不必要なロック/アンロックの繰り返しを解消ないし低減することができる。
また、アンロックしてから5秒以上経過していれば、ロックしてからストップモードとなるため、防犯上、安全性が高い。
技術概要
前記携帯機は、振動を検出する振動検出部と、前記振動検出部の出力から第1信号の停止と開始を決定し、前記第1信号を停止するときは、続く所定時間第2信号を出力するコード発生部と、所定の時間間隔で前記所定コードを含んだ信号を送出する前記発信部を備え、
前記車載機は、前記所定コードを含んだ信号を受信する受信部と、前記受信部で受信した信号の電界強度Eを判定し、前記第1信号を受信したと判定する第1判定値と前記第2信号を受信したと判定する第2判定値をもつ電界強度判定部と、前記所定コードを含んだ信号を解析するためのコード解析部と、前記コード解析部と前記電界強度判定部の出力から前記発信部が前記車載機の所定距離内に存在することを判定する閉じ込め判定部と、前記コード解析部の出力と前記電界強度判定部の出力と閉じ込め判定部の出力を基に前記ドアキー機構の制御を行う制御部を備えたことを特徴とするドアロック制御システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社ユピテル

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT