機器制御システム

開放特許情報番号
L2016000499
開放特許情報登録日
2016/4/7
最新更新日
2016/4/7

基本情報

出願番号 特願2007-133855
出願日 2002/4/25
出願人 株式会社ユピテル
公開番号 特開2007-262882
公開日 2007/10/11
登録番号 特許第4594351号
特許権者 株式会社ユピテル
発明の名称 機器制御システム
技術分野 土木・建築、輸送
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 機器制御システム
目的 セキュリティに強いとともに、正規の携帯器からの制御データは正しく認識できる機器制御システムを提供する。
効果 制御データを送信する都度、更新された異なる計時コードを含む制御データを用いるシステムにおいて、正規の携帯器から送信される計時コードが、親機側での許容範囲を超えて進んでしまった場合でも、次の受信では正しいと判定することができる。しかも、不正にコピーされたデータに基づいて偽造された携帯器からの制御データは、計時データが更新されず、毎回同じデータが送られるので、対応せず、セキュリティが高くなる。
技術概要
携帯器10は、自己を特定するIDコードと、送信する都度更新される計時コードに基づき生成される制御データを送信する。親機20は、IDコード比較部23と計時コード比較部24にて、受信した制御データ中に含まれるIDコードと計時コードが正しいと判定された場合に、セキュリティ制御部27がセキュリティ装置に対して作動指令信号を出力する。計時コードが正しくなかった場合には、その計時コードを比較用計時コード記憶部26に格納し、次の受信時には、その比較用計時コード記憶部に格納された今回受信された計時コードと比較し、正しい関係にあるか否かを判断する。よって、携帯器側の計時コードが大きく進んでも、2度目の受信で正しいと判定される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社ユピテル

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT