連続波方式マイクロ波センサによる距離の測定方法

開放特許情報番号
L2016000487
開放特許情報登録日
2016/4/7
最新更新日
2016/4/7

基本情報

出願番号 特願2006-220309
出願日 2006/8/11
出願人 株式会社ユピテル
公開番号 特開2008-045940
公開日 2008/2/28
登録番号 特許第4705532号
特許権者 株式会社ユピテル
発明の名称 連続波方式マイクロ波センサによる距離の測定方法
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 連続波の設定およびビート信号に対する演算処理の改良
目的 対象物体までの距離が1波長を越えていても、越えていないときと同様に高精度で測定が行える連続波方式マイクロ波センサによる距離の測定方法を提供すること。
効果 本発明に係る連続波方式マイクロ波センサによる距離の測定方法では、対象物体までの距離が1波長を越えているときでも、1波長を越えていないときと同様に高精度で測定が行える。
技術概要
測定系に複数のマイクロ波センサ1,2,3を備えて、対象物体10へ向けて3つのマイクロ波f1,f2,f3を照射し、そしてビート信号は2つの組み合わせを合成し、それらビート信号に対して演算処理を行う。測定に係る距離dが1波長λAを越えないときは、2周波f1,f2でのビート信号について位相差φAを算出し、その位相差φAから距離dを確定する。測定に係る距離dが1波長λAを越えるときには、組み合わせが異なる2周波f1,f3でのビート信号の演算処理から超過距離RBを求め、他方の2周波f1,f2による超過距離RAとの残差eが最小となる整数nA,nBを求めて、2つの超過距離RA,RBが同一値となる真値Rを確定する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社ユピテル

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT