異常状態検出装置及び異常状態検出プログラム

開放特許情報番号
L2016000463
開放特許情報登録日
2016/4/4
最新更新日
2016/4/4

基本情報

出願番号 特願2014-044789
出願日 2014/3/7
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2015-168339
公開日 2015/9/28
発明の名称 異常状態検出装置及び異常状態検出プログラム
技術分野 輸送、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、安全・福祉対策
適用製品 異常状態検出装置及び異常状態検出プログラム
目的 簡単な構成で乗務員の異常状態を容易に検出し安全性を向上させることができる異常状態検出装置及び異常状態検出プログラムを提供する。
効果 乗務員が異常状態であると誤って判定されてしまうのを防ぐことができ、業務を継続できないような異常な状態になったときに、車両を安全に停止させることができる。
また、異常状態であることを簡単に知らせることができる。
技術概要
乗務員の異常状態を検出する異常状態検出装置であって、
前記乗務員を支持する支持体の状態の変化を検出する状態変化検出装置の検出結果に基づいて、この乗務員の異常状態を判定する異常状態判定部を備えること、を特徴とする異常状態検出装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT