プログラム及び運転曲線作成装置

開放特許情報番号
L2016000459
開放特許情報登録日
2016/4/4
最新更新日
2016/4/4

基本情報

出願番号 特願2014-054423
出願日 2014/3/18
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2015-174606
公開日 2015/10/5
発明の名称 プログラム及び運転曲線作成装置
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 運転曲線作成装置
目的 分岐器の通過を考慮した運転曲線の作成を可能とする。
効果 指定された発駅の出発番線から着駅の到着番線に至る走行経路における分岐器(通過分岐器)を判定し、判定した通過分岐器それぞれを、その番線及び開通方向に基づき等価な曲線とみなして線路条件を修正し、運転曲線を作成している。経路上の曲線は曲線抵抗として走行する列車に働くことで、列車の走行速度に影響を与える。これにより、通過分岐器を考慮した運転曲線の作成を行うことが可能となる。
技術概要
コンピュータに、所与の発駅の所与の出発番線から所与の着駅の所与の到着番線までの曲線及び勾配を含む線路条件を用いて運転曲線を作成させるためのプログラムであって、
配線データに基づいて、前記出発番線から前記到着番線までの経路と、当該経路上の通過分岐器と、当該通過分岐器の開通方向とを判定する判定手段、前記通過分岐器及び前記開通方向に基づいて前記線路条件のうちの当該通過分岐器の部分に所与の曲線を適用して前記線路条件を修正する修正手段、前記修正された線路条件を用いて運転曲線を作成する作成手段、として前記コンピュータを機能させるためのプログラム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT